あしたはもっとラク

今日始めれば明日はもっと楽にできる。疑問の解決策などについてご紹介します。

カラダ

薄毛の改善は自力でできるの?薄毛が改善した体験談をご紹介

投稿日:2017年9月8日 更新日:

前回は薄毛の原因やクリニックで受けられる治療についてご紹介しました。
遺伝や男性ホルモンが原因となる場合はクリニックで診察してもらった方が良いです。

しかし、まずは自分で症状を改善できるか考えてみたいと思います。
今回は自分でできるケアの方法について見ていきます。

薄毛の改善は自力でできるの?自分でできる対処方法とは

薄毛の原因を大きく分けると、

遺伝・男性ホルモンなどの体質
栄養不足・血行不良などの生活習慣

だったと思います。

このうち、栄養不足や血行不良は自分で改善できることになります。

花の種を硬い土に植えても栄養分が行き渡らずに大きく育ちません。
髪の毛に栄養を行き渡らせるためには頭皮の柔らかさと血液の流れを良くする必要があります。
更に、血液により栄養を運ばなければなりません。

普段の生活習慣を見直し、薄毛の原因を取り除き、血行改善と栄養摂取につながるよう生活を改善していくことが重要となります。

薄毛が改善したケア方法と体験談をご紹介

自分でできるケアについて、私の実践例を含めてご紹介します。

ポイントは、いかにして頭と体の血行を改善して栄養を与えるかという点です。

マッサージ

頭皮を柔らかい状態で維持することが大事です。
頭皮をつまむことができないくらいカチカチに硬くなっている方も少なくないのではないでしょうか。

私も10年ほど前は頭皮がカチカチで、指で動かそうとしてもビクともしないほどでした。
これはイカンとマッサージを始め、今では指でつまむことができるようになりました。

私が行っているマッサージは以下のようなものです。

1.生え際に指4本を当て、指の腹で頭皮を上下に動かします。
  数回上下したら指の位置を頭頂部へずらし、また指の腹で頭皮を上下に動かします。
  これを頭頂部まで繰り返します。
  そして指を横にずらしていき、頭全体をマッサージします。

2.次に手のひらを頭に当て、円を描くように頭皮を動かします。
  これも頭頂部への移動していき、さらに横へ移動して頭全体をマッサージします。

3.マッサージの最中に、薄毛に効くというツボを押します。
  風池(ふうち):後ろの髪の生え際にあるくぼみを押します。
  百会(ひゃくえ):頭のてっぺんを押します。

4.頭皮をつかむようにもみほぐします。
  皮をつまめるか確認しながら頭全体をマッサージします。

食事

血行を良くするものを摂取します。
一般的に言われるのは、ビタミンC、ビタミンE、鉄分などを含む食材を積極的に取ることになります。
他にも、生姜、ニンニク、玉ねぎ、オメガ3脂肪酸なども挙げられます。
また、ビタミンAやビタミンB6は頭皮の新陳代謝を促進すると言われ、亜鉛は髪の毛の生成に効果があると言われています。
要するにいろいろな栄養のある食材をバランスよく摂取するということです。

スポンサーリンク

とは言え、全て食材で摂取するのは難しいので、私はサプリメントも利用しています。
ビタミン・鉄分・亜鉛・オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)などはサプリメントですね。
生姜、ニンニク、玉ねぎなどは料理で使用しています。

私は卵かけ納豆ご飯を毎日食べていますが、これはビタミン・ミネラル・タンパク質・イソフラボンなど栄養が豊富なので薄毛にも良いのではないかと考えています。

ストレッチ・適度な運動

頭皮へ血液を送るためには身体の血行も良くする必要があります。

私は朝起きたときにストレッチをしています。
運動はあまりできていません・・・が、通勤で歩いたり駆け込んだりするのも運動と言えば運動ですね。^ ^;

シャンプー

頭皮に優しいシャンプーを使用する必要があります。
一般的には「アミノ酸系洗浄成分」「ノンシリコン」が良いとされています。
更に漢方薬などの頭皮に良い成分を含んでいるとなお良いです。

私は、「ケイグロウシャンプー」というものをここ数年使用しています。
使い始めて半年くらいで、髪の毛のハリやコシが出てきたことを実感しました。
もちろん他のシャンプーでも良いと思います。

まず髪の表面の汚れと頭皮を予洗いですすぎます。
そしてシャンプー(1回目)をつけて毛穴の汚れを揉みだすつもりでマッサージしていきます。
頭皮をもみほぐすように(爪ではなく)指の頭を使って洗います。
シャンプーを洗い流したら、再度シャンプー(2回目)をつけて頭皮をマッサージします。
私が使用しているシャンプーはトリートメント効果があるため、ぬめりが残るくらいに残してかるくすすぎます。

育毛剤

頭皮に栄養を与えるには育毛剤を使用するという方法もあります。

私はシャンプーとセットで、「薬用ケイグロウ・ヘアーエッセンス」というものを使用しています。
頭皮のマッサージをする際に頭皮につけます。
使用するようになってから後退していた部位が元に戻ってきたので、効果があったのではないかなと感じています。

まとめ

自力で改善するケアについて、私の実践例を含めてご紹介しました。
遺伝や体質の問題が無いのならば、あとは正しい生活習慣と十分な栄養が大事だと思います。

私の経験では、薬用シャンプーと育毛剤はやはり使った方が良いと感じています。
もちろんそれだけではダメで、体の中から健康な状態にする必要もあります。

時間はかかりますが、あきらめず続けることが大事です。
また、なかなかすぐには効果が出ませんので、薄毛を気にしないことも大事です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

-カラダ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

関連の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。