あしたはもっとラク

今日始めれば明日はもっと楽にできる。疑問の解決策などについてご紹介します。

ほうれい線

ほうれい線がダイエットで痩せて目立つ原因と老けずに痩せる対策とは

投稿日:

女性はキレイになりたいと思ったことがあると思います。
キレイになるためにダイエットをする方もいらっしゃいますが、ダイエットで痩せたらほうれい線が目立つようになってしまった!と悩む方も多いです。
せっかく痩せたのに老けて見られてしまうなんてガッカリですよね。
痩せることとほうれい線はどんな関係があるのでしょうか。

そこで今回は、ダイエットなどで痩せたらほうれい線が目立ってしまった場合の原因や対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

ほうれい線が痩せて目立ったらどうする?

痩せたらほうれい線が目立ってきた、ダイエットには成功したけれどほうれい線が目立つようになってしまった・・・そんな悩みを抱える方は多いです。

  • 食事を減らす無理なダイエットをして、2ヶ月で6キロ減らしたら、ほうれい線がひどくなっておばあちゃんのような顔に・・・とても後悔している。
  • 30歳女。産後にかなり痩せてしまい、それからほうれい線が目立つようになった。
  • 最近「顔も身体もがほっそりしてきたね」と言われて喜んでいたら、年齢のせいか、ほうれい線が目立つようになってきてしまった。
  • ほうれい線がある。元々痩せ型だったが20歳になってから異常に太らなくなってしまいこの顔を悪化させっぱなしで困っている。

ダイエットに成功!と思っていたら美容の大敵であるほうれい線が出てきた~なんて、残念すぎです。
痩せるとキレイに見られる場合が多いですが、老けて見られてしまうと逆効果になってしまいますよね。
ダイエットするほど老けてしまうのであれば、もっと続けるべきかもうやめた方がいいのか、悩ましいものです。

ですが、痩せている人がみんなほうれい線が目立つのかというと、そうではないですよね。
痩せたときにほうれい線が目立つ原因とは何でしょうか。

ほうれい線がダイエットで目立ってしまう原因とは

ダイエットなどで痩せたときにほうれい線が目立つ場合の原因としては、以下が考えられます。

筋肉の減少

ほうれい線が目立つようになる大きな原因は、お肌のたるみです。
お肌を引き上げる筋肉が弱くなると頬がたるんでしまいます。
ダイエットなどで痩せたときにタンパク質の摂取量が減ったことで筋肉が急激に減ってしまい、たるみができてほうれい線が目立ってしまうことになります。

コラーゲンの減少

お肌のハリを失うこともほうれい線の原因になります。
お肌のハリに影響を与えるのがコラーゲンです。
コラーゲンはタンパク質なので、タンパク質の摂取量が減ってしまうとコラーゲンも減少してしまいます。

乾燥肌

お肌が乾燥するとシワができやすくなります。
そのため、お肌がたるんでいなくてもほうれい線が目立ちやすくなります。

食事の量が減って身体に必要な栄養が不足することで、お肌も栄養不足になります。
そして、お肌のターンオーバーが乱れて乾燥してしまいます。
また、お肌が乾燥することで角質層のバリア機能が低下して真皮にダメージを与えてしまい、結果的にたるみにつながる可能性もあります。

女性ホルモンの減少

急激なダイエットで痩せすぎることによって、女性ホルモンの機能が低下してしまう場合があります。
そして女性ホルモンの卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下します。
エストロゲンはお肌のコラーゲンを作ってエラスチンをつなぎとめるという働きをしています。
そのため、お肌のハリや潤いを失う原因になってしまいます。

活性酸素の増加

急激なダイエットは、身体にかかるストレスも大きくなってしまいます。
食べたいものを食べられずにイライラしてしまうという方も多いのではないでしょうか。

ストレスと活性酸素の発生との関係については主に以下のことが挙げられます。

  • ストレスに対抗する副腎皮質ホルモンが分泌され、その分泌と肝臓で分解される際に活性酸素が発生する
  • ストレスによって活性酸素を消去する力を持つ抗酸化物質であるビタミンCを大量に消費してしまう
  • ストレスによって血管が収縮し、その後拡張した際に活性酸素が発生する

ストレスによって体内の活性酸素が多くなると、身体を酸化させてお肌の老化を早めてしまいます。

ダイエットなどで痩せるとほうれい線が目立つ原因

このように、ダイエットなどで痩せたことによるお肌のたるみは、栄養不足が大きな原因になります。
栄養素の多くは食事で摂るので、ほうれい線は食べ物と関係が深くなります。

食べ物の中でも特にタンパク質の低下が大きく関係しています。
タンパク質の減少によって筋肉の量もコラーゲンの量も減り、お肌のハリを失い、乾燥肌にもなります。

食事制限などによるストレスもお肌の老化の原因になります。
また、栄養不足とストレスはホルモンバランスの乱れの原因にもなり、コラーゲンの減少にもつながります。
食事制限は栄養不足とストレスの両方の原因になりかねないので注意が必要ですね。


スポンサーリンク

老けずに痩せるにはどうしたらいい?

ダイエットなど痩せることによるお肌のたるみの原因は、栄養不足とストレスが大きいということがわかりました。

このことから、ほうれい線などお肌のたるみを作らずにダイエットするために気を付けることとしては、以下が考えられます。

  • ダイエット中でも栄養をきちんと摂る。特にタンパク質を十分に摂取する。
  • 痩せすぎに注意。また、ストレスを感じるほど我慢しない。

もちろん、現在の体重が適切な体重より上回っていたら食事量を制限する必要がありますが、痩せすぎになるほど制限してしまうのは老化を進めてしまうので注意が必要です。

食事

栄養の摂取はサプリメントを利用するという方法もありますが、基本的にはやはり食事から摂りたいものです。
野菜だけを食べたり糖質や肉を制限したりするのは、栄養も不足するしストレスも感じやすいですよね。
とは言え、食べ過ぎてはまた太ってしまいます。
健康的に痩せるには、食べるものを量より質で選びましょう。

ここで大事になるのが、良質なタンパク質を摂ることになります。
良質なタンパク質とは、必須アミノ酸がバランスよく含まれていることがカギになります。

体内では作れない必須アミノ酸の割合を示す数値として、アミノ酸スコアがあります。
このアミノ酸スコアが高い食材が良質なタンパク質を含む食材になります。
アミノ酸スコアが高い食材としては、大豆、卵、牛乳、牛や豚や鶏の肉類、魚類、などになります。

また、タンパク質を効率的に吸収するためにはビタミンCを意識して摂取することも大事です。
ビタミンCは柑橘類やイチゴなどのフルーツに多く含まれます。

サプリメント

食事だけではなかなか十分な量は摂れない、必要な量を摂るには食べ過ぎてしまう、そんな場合は、食事にプラスしてサプリメントも利用しましょう。

コラーゲンを摂取するなら、コラーゲンペプチドがオススメです。
低分子のコラーゲンペプチドを摂取すると、普通のコラーゲンよりも吸収性が高くなるということです。

ビタミンCも忘れずに摂りましょう。
ビタミンCは活性酸素対策としてもコラーゲン生成においても重要ですね。

新陳代謝アップ

必要な栄養素を適切な量だけ摂るようにしたら、次は新陳代謝をアップさせて脂肪を落としましょう。
新陳代謝を上げるには、程よい筋肉が必要ですが、激しい運動ではなくても適度なストレッチで大丈夫です。

また、早歩きもオススメです。
イギリスのケンブリッジ大学の研究によると、1日20分の早歩きで早期死亡リスクを30%減らせるということです。
激しい運動は活性酸素を発生させてしまうため、ほどほどが良いでしょう。

まとめ

ダイエットなどで痩せたらほうれい線が目立ってしまった場合の原因や対策についてご紹介しました。

痩せたことでほうれい線が目立ってしまう原因としては、主に栄養不足とストレスがあります。
タンパク質やビタミンCを積極的に摂り、バランスの良い食事を多すぎず少なすぎず、適正な体重になるように摂るのが良いでしょう。
そして、新陳代謝を上げることで栄養不足にならずに痩せていくことができます。

ほうれい線の無いキレイなまま健康的に痩せたいものですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

-ほうれい線
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

関連の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。