あしたはもっとラク

今日始めれば明日はもっと楽にできる。疑問の解決策などについてご紹介します。

カラダ

口臭は舌が原因?舌苔を掃除する方法と舌磨きの注意点とは

投稿日:

以前、口臭の原因としてドライマウスについてご紹介しましたが、舌も口臭の原因になる場合があると言われているのをご存知でしょうか。

舌の表面に白っぽい汚れがついている場合、それは「舌苔」と呼ばれるものかもしれません。
私も舌が少し白っぽくなっているように見えます。

口臭の対策として舌苔の除去を目的に「舌磨き」を推奨している方もいらっしゃるようです。

舌苔はひどくなると口臭のもとになる場合があります。
但し、だからと言って舌の汚れをゴシゴシと落としてはいけません。

今回は口臭が気になり舌磨きを検討している方へ、その舌の汚れについてと舌磨きの注意点についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

口臭のもとは舌にあり?舌の汚れ、舌苔とは

舌苔とは舌の表面に、食べカス、細菌、粘膜のカスなどの溜まったよごれのことです。
舌の表面は舌乳頭という組織で覆われており、舌乳頭に食べカスや粘膜のカスがたまると、それを栄養として細菌が増殖して臭いが発生します。
更に、ネバネバしたものが出て舌から取れにくくなってしまいます。

しかし、口の中が健康な場合、舌苔は舌乳頭に少しだけ付着しているだけであり、過剰な汚れは唾液で自然に流れます。
また、風邪、疲労、ストレスなど体調が悪い場合には唾液の分泌が弱まり舌苔が溜まりやすくなります。

内臓に問題がある場合も舌苔がたまり、変色することがあります。
内科の医師は診察の時にまず舌を診ますが、これは舌に体調の変化が現れるためです。

舌は磨いたほうがいい?

口臭のために舌を磨くことによって、舌を傷つけてしまう場合があります。
そして、本来必要となるコケまで取り除いてしまう可能性があり、口の中が正常な状態でなくなってしまいます。
そのため、健康な場合は舌苔を取り除く必要はないのです。
起床時は唾液の分泌が減るため、舌苔が洗い流されず増えています。
なお、口の中に粘りがあり息がにおう場合がありますが、これは自然な状態です。

汚れでなくても白くなる?

舌の細胞は敏感です。そのため、空気に少し触れるだけで白っぽく変色します。
しかし、これは自然な状態なので、磨いても取れることはなく、健康な細胞を傷つけてしまうことになります。

本来、舌は上あごにピッタリくっついているのが普通で、舌の汚れは自然に落ちます。
舌を動かす筋肉が少し弱ってきていると、舌が上あごに接触していないので、汚れがこびりついてしまうことが考えられます。

スポンサーリンク

舌苔を掃除する方法と舌磨きの注意点

健康であれば、舌苔を取り除く必要はありません。むしろ舌を傷つけてしまうことになりかねません。

掃除したい場合は、上あごに舌を軽くこすり付け、唾液で流します。

何らかの疾患や口腔内の不調などにより舌苔の量が増えて厚みが増してくると、舌苔が口臭の原因になってきますので、その場合は舌苔を除去することが推奨される場合があります。

気を付けていただきたいのは、舌苔は除去した方が良いという意見もありますが、除去しない(自然に任せる)方が良いという意見もあるという点です。除去する場合はやりすぎないように気を付けましょう。

舌磨きのグッズと方法

舌磨きのグッズと方法をご紹介します。

共通しているのは、やりすぎないこと、です。

タングスクレーパー

タングスクレーパーというアーユルヴェーダ発祥の舌クリーナーを使用します。
素材は、金、銀、銅があるようです。

舌を出して奥から手前へ撫でてうがいをします。
力を入れずに軽く舌に当てるだけです。

舌ブラシ

舌磨き専用のブラシです。歯ブラシよりも細かい毛がついています。スポンジがついている場合もあります。

使い方は同様に、奥から手前へやさしく撫でます。

ガーゼ

ガーゼを水にぬらして軽く絞り、指に巻いて軽く舌をふき取ります。

舌磨きの注意点

注意点としては以下のようなものがあります。

何度も磨かない

朝起きた時など、1日1回だけにしましょう。

歯磨き粉は使用しない

水だけで行いましょう。

奥から手前へ1方向に動かし、ゴシゴシしない

舌の奥から手前へ1方向に2~3回軽く撫でます。
往復すると舌を傷つけてしまいますので必ず1方向にしましょう。

まとめ

舌苔は口臭の元になる場合もありますが、健康な場合は問題ありません。

舌苔が増えるのは唾液の分泌が減ることが主な原因になります。
舌苔が増えたと感じたら、まずは唾液の分泌を増やすことを考えた方が良さそうですね。

私も朝起きたとき、試しに舌の表面をスプーンで撫でてみました。
確かに汚れのようなものが少しつきましたが、うがいをした後に再度行ったらつかなくなりました。
なので、私は当面舌磨きは必要ないかなと思っています。

それより、舌の位置がいつの間にか下に下がっていたことに気づき、そちらの方が気になりました。
舌が少し白くなっているのは、実は舌の筋力が低下しているだけ?

長くなったので、舌の筋力については次回書きます。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

-カラダ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

関連の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。