あしたはもっとラク

今日始めれば明日はもっと楽にできる。疑問の解決策などについてご紹介します。

日焼け・紫外線対策

紫外線対策の帽子の色は何がいい?つばの長さやおすすめについて

投稿日:2018年3月7日 更新日:

日差しが強い季節になると気になるのが紫外線ですよね。
紫外線対策として日焼け止めをつける女性の方も多いと思いますが、やはり直射日光は避けたいものです。
そんなときに活躍するのが、帽子ですよね。
夏の必需品とも言える帽子ですが、紫外線対策としてはどんな帽子を選んだらいいのでしょうか。
いろんな色の帽子があると思いますが、やっぱり色も紫外線に関係あるのか?気になりますよね。

そこで今回は、紫外線対策の帽子についてご紹介します。

スポンサーリンク

紫外線対策の帽子の色は何がいい?

紫外線対策として帽子をかぶろうと思った時、何色の帽子をかぶったら紫外線対策として効果があるのでしょうか。

できれば紫外線対策の帽子には紫外線を防ぐ色を選びたいものですよね。
紫外線を防ぐというのは、紫外線の透過率に関係があります。
つまり紫外線を通しやすいかどうかということです。
「白」は紫外線を通しやすく、「黒」など濃い色は紫外線を吸収しやすいと言われています。
紫外線の透過率は黒が1%、白が19%ということです。
これは、黒が99%紫外線をカットし、白は80%ほどのカットになるということです。
帽子だけでなく、服なども同じですね。

そうなると、濃い色の帽子を選ぶしかないのかなと思いますよね。
せっかく帽子をかぶるのだから、おしゃれにも気を遣いたいところです。
ですが、UVカットの帽子を選べば、色は何でも大丈夫です。
なので、白でもベージュでも、あるいは柄物でも、UVカット加工されていれば好みの色柄の帽子を選ぶことができます。

もちろん、色による透過率の違いもありますので、より確実に対策したい!という方は、黒やネイビーなどのダークカラーを選ぶのもいいですね。

ちなみに、UVカット加工には、2種類の加工方法があります。
「UVカットを施した繊維を織り込んだ素材を使ったもの」と、
「素材の表面をUVカットのコーティングをしたもの」です。

注意点としては、コーティングをしたものの場合、洗濯を繰り返すとUVカットの効果が薄れるということがあります。
暑い時期にかぶる帽子だし手洗いしたい!という方は、できればUVカット繊維を織り込んだものの方が良いですね。

また、UVカットスプレーという、スプレーするだけで紫外線をカットできるようにするものもあります。
UVカット帽子でなくてもスプレーするという手もありますね。
但し、帽子が変色してしまったりしないか注意しながら使いましょう。

帽子の色で温度は変わる?

」は日光を吸収する性質があります。

物に色がついて見えるのは、その物に当たった光が反射しているためです。
リンゴが赤いのは、リンゴが赤い光を反射しているからですね。
黒い素材が黒く見えるのは、その素材が光を全て吸収してしまうためです。
そして、吸収したエネルギーから熱を得て、温度が上昇します。

逆に、「」は全ての光を反射しているから白く見える、ということになります。
なので、白い素材の方が熱を持ちにくいということが言えます。

黒は紫外線を通しにくいけど熱を持ちやすく、白は黒よりは紫外線を通しやすいけど熱を持ちにくい、という感じですね。
暑さのことを考えた場合、白い帽子を選ぶというのもアリだと思います。

地面からの照り返しにいい色は?

紫外線の注意は上からだけではありません。
実は、紫外線は地面からの照り返しもあります
ここで気になるのが、帽子の裏側が白い場合、照り返しが帽子の裏側で反射されて顔や体に紫外線が当たりやすくなる可能性がある、ということです。
照り返しの対策には日焼け止めが効果的ですが、照り返しが気になる方は裏が濃い色の帽子を選んだ方がいいです。

紫外線対策の帽子のつばについて

色の次に帽子を選ぶ基準として、帽子のつばの長さがありますよね。
つば広のハットや麦わら帽子、キャップのように前つばのものや、つばがほとんど無いハンチングやベレー帽など、帽子にもいろいろありますよね。

紫外線対策の帽子として考えた場合、つばの長さも大事になります。
つばが短いと顔に当たる紫外線の量が多くなります。
つばの長さが3㎝で35%、7㎝で60%、10㎝で70%の紫外線カット率になると言われています。

では、帽子のつばは長ければ長いほど良いのかというと、そうでもなさそうです。
7㎝から10㎝では紫外線カット率もそれほど向上していません。10㎝以上もあまり変わらないようです。

また、あまりつばが長すぎるとデザイン的に問題もありますよね。
キャディーさんの帽子みたいになってしまいそうですし、「農作業ですか?」とかからかわれそう・・・
なので、7cm~10cmくらいが良いのではないかと思います。
そして、つばが全方位にわっか状についた帽子、「ハット」型の帽子が紫外線対策には良いですね。

スポンサーリンク

紫外線対策の帽子でおすすめは?

紫外線対策に良い帽子は、以下のようになります。

  • UVカット加工されている
  • ハット型でつばが広い
  • 色が濃い方がなお効果的

更に、生地についても以下のようなものを選んだ方が良いと言えます。

生地の目が細かい

生地の目が粗いと光を通してしまいますよね。
生地の目が細かい方が紫外線対策に向いています
そういう意味から、麦わら帽子は紫外線対策には不向きと考えられます。

麦わら帽子など、生地の目が粗い方が通気性も良く涼しげですが、紫外線対策としては目が細かい生地のものを選びましょう。

生地が厚い

また、薄い生地よりも、厚くてしっかりした生地の方が紫外線は通しにくくなります
とは言え、目が細かくて分厚い生地の帽子では蒸れてしまうかもしれませんよね。
適度な通気性も帽子には必要になりそうです。

日焼け止めはいらない?

UVカットでつば広の帽子をかぶれば、日焼け止めはいらないのでは?と思う方もいらっしゃるかと思います。
ですが、日焼け止めもつけた方が良いです。

帽子で顔が影にはなりますが、真っ暗になるわけではありませんよね。
帽子自体が紫外線を通しにくいとしても、顔が見えるということは光が当たっていることになります。
この顔に当たる光には地面や横からの照り返しなどもありますが、これらの光にも紫外線は含まれます。

もちろん、ノーメイクで帽子なしよりは帽子があった方が効果はあります。
しかし、しっかりと紫外線対策をするなら、日焼け止めも併用した方がいいです。

ファンデーションを使う場合の工夫

ファンデーションやフェイスパウダーなどにも日焼け止め効果があります。
ファンデーションを使って帽子をかぶるときに気になるのが、帽子に汚れがついて汚らしくなることですよね。
日焼け対策としてもファンデーションを塗りたいけど、帽子は深くかぶりたい、そんなときはどうしたらいいでしょうか。

他のみなさんは以下のような工夫をされています。

  • 汚れが目立つのが嫌なので、目立たないような色の帽子を好んで買っている。濃い色だと気にならない。
  • 白い帽子をかぶりたい日は、お化粧の方を崩れにくく気をつけている。
    肌はきちんと整えて、下地はしっかりティッシュオフ、ファンデは服などに移りにくいものを選び、額はファンデ薄目で、お粉をたっぷりめに叩き込んでおく。
    その上で、前髪でガードするように帽子をかぶる。
  • 夏は汗をかくので、おでこにファンデは塗らないようにしている。
  • こまめにうすでのガーゼをあてていたり、縫い付けたりし、こまめに取り替えている。

「汚れが目立たない濃い色の帽子を選ぶ」「化粧が崩れにくいようにする」「おでこにファンデーションを塗らない」「帽子にガーゼをあててこまめに取り替える」などの方法が出てきました。
工夫して乗り越えていきたいですね。

また、日焼け止めやファンデーションを使うと帽子が汚れてしまうのがイヤ!という場合は、こちらを利用するという方法もあります。
これなら帽子が汚れることは無いですね。
詳細を見る

まとめ

紫外線対策の帽子についてご紹介しました。

色にも紫外線を通しやすい色と吸収しやすい色があります。
黒が最も紫外線を吸収しやすく、白が紫外線を通しやすいです。
ですが、UVカット加工された帽子であれば、紫外線は帽子に表記されているように紫外線をカットしてくれるので、好きな色を選ぶことができます。
更に用心するなら、色が濃いものを選ぶと良いでしょう。

帽子のつばも紫外線対策には重要です。
つばがわっか状になっているハット型でつばが広いものの方が紫外線対策に向いています。
つばの長さは7㎝以上のものを選ぶのがいいですね。
また、麦わら帽子のように目が粗いと通気性がいいですが、日光も漏れてしまうため、紫外線対策としては目が細かいものを選ぶのがいいです。

いろいろな色やデザインの帽子があります。
紫外線対策に適した好みの帽子が見つかるといいですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

-日焼け・紫外線対策
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

関連の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。