あしたはもっとラク

今日始めれば明日はもっと楽にできる。疑問の解決策などについてご紹介します。

日焼け・紫外線対策

肌に優しい日焼け止めのオススメとは つけられないときはどうする?

投稿日:2018年4月29日 更新日:

夏に外出する際は紫外線対策をバッチリしている女性も多いと思います。
塗る日焼け止めは紫外線対策の代表的なものですが、毎日使うのは肌への負担が気になる方も多いのではないでしょうか。
特に肌が弱い方にとっては、日焼け止めを塗りたくても刺激が強くて使えないものが多い、なんてこともありますよね。
敏感肌でも使えるような肌に優しい日焼け止めってどんなものがあるんでしょうか。

そこで今回は、肌に優しい日焼け止めについてご紹介します。

スポンサーリンク

肌に優しい日焼け止めとは

日差しが強い季節になると、日焼け止めは毎日使いたいですよね。
そこで気になるのは、日焼け止めを使うことによる肌への負担ですよね。
毎日のように使うのであればなおさら肌に負担をかけないように、できるだけ肌に優しい日焼け止めを探したいところです。
特に敏感肌の方の場合は自分に合った日焼け止めを見つけることを強くオススメです。

ですが、そもそも肌に優しい日焼け止めってどんなものでしょうか。

日焼け止めで紫外線吸収剤不使用のものは敏感肌にいい?

紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」と表示される日焼け止めは肌に優しくて安心って聞きますよね。

紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収して科学的に処理することで肌への紫外線の影響を減らすものです。
吸収した時の化学反応やそのときに発生した熱、また化学反応で変化した物質などが肌にとって刺激となる場合もあります。
これが、敏感肌の方が強い日焼け止めを塗って肌があれてしまう原因の1つと言われています。

最近では紫外線吸収剤配合でも肌への刺激を最小限に抑えられるようになってきましたし、紫外線吸収剤にもいろいろメリットもありますが、ここでは「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」の日焼け止めに注目してみましょう。

紫外線吸収剤の日焼け止めについてはこちら

紫外線散乱剤の方が肌に優しい?

紫外線散乱剤とは、紫外線を跳ね返す素材を使うことによって紫外線を肌の表面で反射・散乱させ、紫外線の肌への影響を防ぐものです。
散乱剤は有機化合物ではないため、肌への負担が少ないと言えます。

ですが、紫外線散乱剤配合の日焼け止めは肌への負担が少ないというメリットがある反面、紫外線吸収剤配合のものよりもデメリットとなる点もあります

まず、紫外線散乱剤の日焼け止めは白浮きするという特徴があります。
紫外線散乱剤の日焼け止めが白浮きするのは、紫外線散乱剤として使用される酸化チタンの色が原因です。
但し、最近では、紫外線散乱剤も粒子を細かくする技術により白浮きしにくいものもあるようです。

また、紫外線散乱剤の日焼け止めは使い心地がベタベタし、汗や水で落ちやすいという傾向もあります。
ですが、これについても、商品によってはサラサラした使用感を出せるように作られたものや、ウォータープルーフのものもあります。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のメリットとデメリットとしてはこのような傾向があるようですが、どちらも最近はデメリットを改善するような開発がいろいろ行われているようなので、それぞれの商品の特徴を見た方がいいでしょう。

ですが基本的に、紫外線散乱剤は紫外線吸収剤のような化学反応をするわけではないので、刺激が少なく肌に優しいという点で肌が弱い人向けと言われています。
紫外線を散乱させるだけなので、肌の上でエネルギーを吸収したり変化させたりするものはあまりありません。
そのため、敏感肌の人には、紫外線吸収剤配合よりも紫外線散乱剤配合の方がオススメです。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤、両方のメリットとデメリットを考慮しつつ、自分に合ったものを選んでいきたいものですね。

日焼け止めで肌に優しいもののおすすめは?

日焼け止めと言ってもたくさんの商品があります。
肌に優しいと謳われていても本当か気になりますよね。

実際に使って良かった商品や、肌が弱い敏感肌の方のおすすめなどを見てみましょう。

  • 今年は、コスメデコルテの新商品にした。やや高い気がするが、モノがいいんで。
    私は年がら年中日焼け止めを使っている。高いものから安いものまでいろいろ使ったが、安過ぎのものはやはり良くない。
  • 皮膚科・美容皮膚科では、敏感肌、疾患肌、ニキビ肌の日焼け止めとして、「資生堂2eドゥーエ日焼け止めノンケミカル」を推奨している。
    資生堂2eドゥーエでブランドだが、医薬品会社のマルホが製造している製品。
  • ミノンの日焼け止め。高いが、メッチャ肌にいい。
  • アルージェの日焼け止めが敏感肌でも大丈夫。個人差がありますから絶対とは言えないが、良いと思う。
  • パックスナチュロンUVクリームは、アトピーでも安心して使える品質なのに安いですよ。
  • ジザニアのUVカットエッセンス。ホントに普通の固形石鹸で1回洗顔で落ちる。
    伸びが良くコスパ良し。でも、高額。アトピーの子供や赤ちゃんにも使える。
    私は化粧下地に使っている。ファンデーションはオンリーミネラル。
  • 資生堂のdプログラムからでている、スキンアッププロテクターはオススメ。
    シミない、痒くならない、乾燥しない、化粧ノリはよくなる。
    肌が敏感な方用に処方されているので、荒れている時でも使える。
    真夏などは、少し頼りないが、一年中使える。個人的にも何年も常備している日焼け止め。
  • 今使っているのは、花王キュレルのUVクリーム。肌が乾燥しないところが気にいっている。ちょっと顔が白くなるが下地としても使える。
  • アユーラの敏感肌用日焼け止めクリームセンシティブ デイプロテクトα。
    値段が高いのが難点だが、キュレルよりしっとり度が高く、色つきで化粧下地にも良いのでかなりお勧め。
  • 私もわりと肌が弱い方だが、アネッサのベビー用(黄色い容器)はトラブルもなく使っている。
  • 私の姉は超敏感肌だがドクターシーラボのSPFが一番低いタイプ(ピンクの容器)だけは大丈夫だった。
  • オルビスの日焼け止めがお勧め。アトピー体質で敏感肌だがトラブルはない。朝使うのであれば、スプレータイプが良いかも。

いろいろなオススメがありますね。
もちろん、自分の肌に合うかは試さないとわからないところもありますが、このような実際に使った感想などを参考にして探してみるのも良いですね。

敏感肌の日焼け止めを探す

スポンサーリンク

日焼け止めをつけられないときはどうする?

敏感肌なので何を試してもダメ、ノンケミカルでもダメ、という方もいるかと思います。

日焼け止めは何を使っても多少は肌への負担はあると思います。
なので、肌の弱い方の中にはどんな日焼け止めでも刺激になってしまうという方もいるのではないでしょうか。

そんな時は日焼け止め以外の対策を考えてみましょう。

ココナッツオイルは日焼け止めの代わりになる?

ココナッツオイルは美容に良いという話は聞いたことがあるかもしれませんが、実は日焼け止めにもなります。

ココナッツオイルの紫外線カット率は約20%で、SPFは4~10程度と言われています。
カット率はそれほど高いものではないので、しっかり日焼け止め、というよりは補助的なものと考えた方がいいですね。
なので、ココナッツオイルだけで安心せず、日傘や帽子などでしっかり紫外線対策をしましょう。

ココナッツオイルには抗炎症作用もあり、日焼けした肌の炎症を抑えてくれるようです。
また、オイルなだけに保湿効果もあるので、日焼けした肌の乾燥を防いでくれます。
更に、ココナッツオイルに含まれるビタミンEには抗酸化作用があるため、美肌効果も期待できそうですね。

ココナッツオイルを選ぶ際は、ヴァージンココナッツオイルを選ぶようにしましょう。
精製されたココナッツオイルは加工されているので、天然成分がそのままとは言えないようです。
また、精製されたココナッツオイルでは紫外線カット率も下がると言う話もあります。
なので、ヴァージンココナッツオイルが良いですね。

飲む日焼け止めサプリなら肌に負担にならない

身体の外側で日焼け止めを塗ることができない時は、身体の内側の日焼け止めで紫外線対策をしましょう。
最近話題の「飲む日焼け止め」や「日焼け止めサプリ」と言われている商品は、身体の内側からの紫外線対策をして肌を守るものです。
紫外線からのダメージにより肌に悪影響が出る前にケアしてくれます。

日焼け止めサプリについてはこちら
身体の内側から肌を守る秘訣についてはこちら

例えば、この「インナーパラソル16200」というサプリメントはニュートロックスサン高配合の商品になります。

ニュートロックスサンとは、シトラスとローズマリーから抽出した天然のポリフェノールで、日本製の飲む日焼け止めサプリに多く含まれる成分です。
ニュートロックスサンが持つ抗酸化作用により活性酸素の発生が抑えられるということです。

ニュートロックスサン配合を謳っているサプリメントもいろいろありますが、ポイントは、効果があることが検証された250mgが1日分の分量に配合されていることです。
ニュートロックスサンの効果を調査した論文によると、1日に250mgの分量を85日間(約3ヶ月間)飲み続けることによって、紫外線に対抗する肌の機能が150%アップしたということです。
しっかりと効果を得るならば、1日に250mg摂取できる高配合のサプリメントを選びたいものです。

このインナーパラソル16200には1日分に推奨量である250mgのニュートロックスサンが配合されています。
推奨量を入れないと使うことができないニュートロックスサンの「日傘サプリ」ロゴがパッケージに入っているのがその証拠です。

肌に負担をかけて日焼け止めを塗るよりは、飲む日焼け止めサプリで紫外線の影響を軽減し、あとは日傘や帽子などで紫外線を防ぐというのもアリではないでしょうか。

インナーパラソル16200についてはこちら

まとめ

肌に優しい日焼け止めについてご紹介しました。

敏感肌の人には、紫外線吸収剤配合よりも紫外線散乱剤配合の方がオススメです。
もし紫外線散乱剤配合でも肌に合うものが無い場合は、ココナッツオイルを試すのはいかがでしょうか。
また、飲む日焼け止めサプリも併用して更に肌が受けたダメージをケアするのも大事ですね。

いろんな日焼け止めを試すのも大事ですし、どれも合わないときは塗る日焼け止め以外を検討することも必要になります。
自分に合った紫外線対策が見つかるといいですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

-日焼け・紫外線対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

関連の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。