あしたはもっとラク

今日始めれば明日はもっと楽にできる。疑問の解決策などについてご紹介します。

クリスマス

クリスマスに彼氏いないクリぼっちはどんな過ごし方をすればいい?

投稿日:2018年10月10日 更新日:

クリスマスと言えば恋人と過ごすものというイメージがありますよね。
彼氏がいない女性にとってこの時期は複雑な感情で過ごされる方もいらっしゃることと思います。
ですが、本当に恋人と過ごすことが普通なのでしょうか。
また、他の「クリぼっち」の人たちはどうしているのか、気になりませんか?

そこで今回は、クリスマスに彼氏がいないクリぼっちの過ごし方や、本当に彼氏と過ごしているのかいろんな調査結果についてご紹介します。

スポンサーリンク

クリスマスに彼氏いないときはどう過ごしたらいい?

クリスマスに彼氏がいないことによって寂しさを感じる女性は多いことと思います。
こんな意見もあります。

  • 彼氏が居なくて寂しくて寂しくて。世間はもうクリスマスなのに。
    周りは彼氏のいる子ばかりで周りの自慢聞いてると虚しくなるばかり。
  • 街はクリスマスでいっぱいで、彼女、彼氏いない人はとても面白くないと思う。
    日本はバカに騒ぎすぎると思わないか?
  • 一人が楽と思う反面、クリスマスになると寂しくなるのは私だけ?
    他の人って、どうやって過ごしてるのかな?
  • 世間がクリスマスムードになると、自分はそんなものに縁がないと思い、嫉妬から苛立ちへと変わり、毎年クリスマスが嫌いで仕方ない。

いわゆる「クリぼっち」に寂しさや苛立ちを感じたりして面白くない気持ちになるという悩みも多いです。

クリスマスに一緒にいてくれる男性を見つけてクリぼっちを回避するという方法も考えられますが、相手を見つける間もなくクリスマスになってしまった!という場合は、どうしたらいいでしょうか。
クリぼっちを回避する方法についてはこちら

もう仕方ないとあきらめるのではなく、楽しく過ごす方法はあるはずです。

クリぼっちの過ごし方とは

クリぼっちを回避できなかったら、クリスマスをどう過ごしたらいいでしょうか。

ここで、他のクリぼっちのみなさんの過ごし方を見てみましょう。

家族と過ごす

元々クリスマスは家族と過ごすものでした。特に海外では家族と過ごすことを優先します。

日本では恋人と過ごすような風習がありますが、これは1980年代から90年代にかけて若者向けの雑誌を中心にクリスマスには恋人と過ごすという特集記事が組まれるようになったことが発端とも言われています。

ですが、リサーチプラスによるクリスマスの過ごし方の調査によると、どの世代でも家族と過ごす人が一番多いという結果になりました。

特にクリスマスに彼氏がいない人の過ごし方として、家族と過ごすという意見は多いです。

  • 家族と過ごします
  • 年老いた両親とお肉食べてお酒飲む
  • お昼には実家に帰って、夜ケーキとチキン食べる

一人暮らしの人も、一人で過ごして気分が落ち込むくらいなら、実家に帰って家族と過ごしてみてはいかがでしょうか。
親孝行にもなりますし、家族団らんというのもいいものですよね。

一人で過ごす

先ほどの、リサーチプラスの調査によると、次に多いのが「一人で過ごす」になります。

なので、一人で過ごすのはクリスマスのメジャーな過ごし方とも言えますね。

一人でもチキンやケーキを買ってクリスマスムードにするという意見は多くみられます。

  • ケンチキ予約、チキン食べてビール飲みながらテレビ見て寝る
  • スーパーでフライドチキンとケーキ買って家で一人で食べる
  • 100均のサンタ帽をかぶってクリスマス特番みながらひとりでケンタッキーをむさぼり食ってる
  • コンビニスイーツを買って帰る(もちろん一人分)

チキンを食べる

日本のクリスマス料理の定番と言えばチキンですね。
海外では七面鳥が定番ですが、日本では七面鳥が手に入りにくく、丸焼きできるような大きなオーブンもない家庭が多いことなどからチキンが一般的に食べられています。
また、ケンタッキーフライドチキンのCMの影響からか、クリスマスにケンタッキーフライドチキンを食べるという方も結構います。
これは日本だけのことで、ご馳走には程遠いため海外では理解できないこととも言われているようです。
とは言え、日本人としてはチキンが食卓に並ぶとクリスマスって感じしますよね。

最近ではコンビニのチキンもいろいろあります。
近所にケンタッキーが無くても、コンビニにちょっと寄ってチキンを買って帰るのもいいですね。

ケーキを食べる

クリスマスケーキもまたクリスマスの定番ですね。
日本のクリスマスケーキは、菓子メーカーの不二家が広めたと言われています。

手軽にコンビニなどで買うのもアリですが、この際だからいっそのこと有名店の高級なケーキにするのも良いのではないでしょうか。
一人だからこその贅沢もいいですよね。

テレビを見る

また、「明石家サンタ」を観るという意見が多いです。
こんな意見も。

  • 辛いなクリスマス、テレビで明石家サンタかな…
  • 明石家サンタ見て夜更かし。
  • 今年明石家サンタ盛り上がりそうだから見たい!
  • クリスマスは丸亀の一鶴の骨付鳥を食べながら酒を飲み、明石家サンタを見ながら過ごしている。

さんまさんが好きで夜更かしが大丈夫な方はいかがでしょうか。

仕事をしている

クリスマスが平日の場合、仕事をしているという方はやはり多いです。
ですが、クリスマスイブが週末であってもあえて仕事を入れる方もいるようです。

  • 仕事、夜勤なのでがっつり働く
  • 仕事帰りにスーパーよってチキン買って帰る
  • バイトをフルで入れた
  • ガッツリ仕事、世間の浮かれムードとは全く無縁の人生

予定が無いのであれば仕事をしている方が気がまぎれるかもしれませんね。

クリぼっちの仲間で過ごす

彼氏がいないクリぼっちの友達に声をかけて一緒に過ごすのもいいでしょう。
同じような境遇の人は意外と見つかるものだという意見もあります。

  • ひとりで過ごすのもやはり淋しいし、思いのほか同じような仲間が見つかることが多々ある。
    互いに傷を舐め合うような痛々しい雰囲気になることもあるが、それなりに楽しめる可能性あり。

一緒にケーキを食べたりプレゼント交換したり、友達とわいわい楽しいクリスマスを過ごすのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

クリぼっちなんて気にしない!

クリスマスに彼氏がいないことで寂しさを感じる女性は多いことでしょう。
クリスマスと言えば恋人と過ごすのが普通であるかのように感じられて、劣等感すら感じる方もいるようです。

先ほども触れましたが、本来のクリスマスは家族と過ごすものであって、アメリカなどでは家族と過ごすことを優先します。
日本では経済をまわすためにメディアがクリスマスをロマンチックなイベントとして仕立て上げたのがきっかけと言われています。
このように日本のクリスマスは恋人と過ごすような風習がありますが、本当に日本では恋人と過ごすことが普通なのでしょうか。

クリスマスに彼氏と過ごさなくても恥ずかしくない!

2017年にレオパレス21がひとり暮らしの20代から30代の社会人男女に行った調査によると、65%の人がクリスマスをひとりで過ごすということです。

つまり、ひとりで過ごすのは多数派だということです。
クリスマス=恋人と過ごす、みたいなのはやはりマスコミによって作られたというのがわかるデータですね。
このことを知っておくだけでも気持ちが楽になることでしょう。

また、20~30代女性向け情報サイト愛カツの読者を対象としたアンケート調査によると、彼氏がいても、彼氏よりも「他の男性と過ごす」人のほうが多いという結果になったということです。

男からすると、なんだそりゃ?って感じですが、愛カツの読者の彼氏アリの人のうち、クリスマスに彼氏と過ごすのは32.1%に過ぎないことが分かったそうです。
彼氏がいても、もっと条件の良い男を探している、ということでしょうか・・・
つまり、愛カツの読者だけかもですが、彼氏がいても、彼氏と過ごす人は少数派だ、ということです。

ということで、「クリスマスは恋人と過ごすもの」というイメージはマスコミに作られたもので実態は違っていて、さらに最近では恋人がいても一緒に過ごさない人も多く、かつてのクリスマスのイメージは薄れてきているかもしれない、ということなんですね。

そろそろ、クリスマスは彼氏とディナーしてそのあとは・・・みたいなのが当たり前のようなメディアの情報に翻弄されることから卒業してもいいころなのかもしれませんね。

恋活を始めるならこちら【R-18】

まとめ

クリスマスに彼氏がいないクリぼっちの過ごし方や、本当に彼氏と過ごしているのかいろんな調査結果についてご紹介しました。

まず、クリスマスに一人でいる女性は多数派なので、気にすることはありません。
家族で過ごしたり、一人でもクリスマス気分を満喫する方は多いです。

彼氏がいないからと寂しさを感じたり憂鬱になったりする必要なんて全然ないんです。
だからと言って寂しいのは気のせいだと我慢するのでもなく、自分なりの楽しいクリスマスをおくれるようにしたいものですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

-クリスマス
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

関連の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。