あしたはもっとラク

今日始めれば明日はもっと楽にできる。疑問の解決策などについてご紹介します。

おせち

おせちをアレンジするならどんな料理?洋風や中華風のおせちは?

投稿日:

前回はおせちをおいしく食べるための工夫を考えてみました。
しかし、それでもおせちに飽きてしまった、あるいはやはりおせちに好きな料理が無い、という場合もありますよね。

いっそのこと、おせちを好きなものにアレンジしたら食べられるのではないでしょうか。
または、おせちを洋風にしたらどうでしょうか。

そこで今回は、普通でないおせちに挑戦したい方へ、おせちのアレンジや洋風おせちについてご紹介します。

スポンサーリンク
  

おせちをアレンジするならどんな料理?

伝統的なおせちが好きではない方やおせちに飽きてしまった方は結構いらっしゃるようです。
どうしても子供が食べてくれなくて困っているという方もいますね。
また、正月も3日ほどになると残った料理をどうしようかと、悩みどころです。
その場合、おせちをアレンジしてみてはどうでしょうか。
縁起物は形を変えても縁起物・・・ですよね? ^ ^;

すぐにできそうな簡単なアレンジについて、いろいろな意見をご紹介します。

黒豆

・ヨーグルトに入れて食べる。
・パウンドケーキにする。

甘いので、スイーツ系に応用できそうですね。

伊達巻き

・細かく刻んでちらし寿司の具にすると美味しい。
 お正月以外でちらし寿司を作るときにあちこち探し回るくらい。
・フライがおいしい。食べるときに醤油をたらせばおかずになる。

元々タマゴなのでちらし寿司に入れるのは違和感ないかもですね。
フライは意外でした・・・

田作り

・さっと揚げて、熱いうちにカレー粉と塩胡椒少々をまぶす。子供にも好評。
・田作り入りきんぴらを作ったことがある。
・桜エビといっしょにフードプロセッサーで粉末にし、
 青のりと粉末かつおを入れて塩と味の素で味を調整してふりかけの完成。

カレー味は子供も喜びそうでいいですね。
きんぴらにも合いそうです。
ふりかけにすれば毎日使えそうですね。

田作りはいろいろと応用できそうです。

数の子

・だし汁に漬けて余分な水分を拭き、
 食べやすい大きさに切ってワサビ+マヨネーズで和える。
・同じくらいの大きさに切った数の子とクリームチーズを混ぜ、
 鰹節と醤油で和える。
・わさび漬けに味のついた数の子を適当な大きさにほぐして混ぜる。

おいしそうですね。
ワサビとマヨネーズであえるだけでも良さそうです。
数の子アレンジは酒のつまみに良いかもですね。

煮物

・てんぷらなど揚げたりしている。
・一口カツとして揚げてみた。
・煮しめやカマボコを入れた茶碗蒸し。

スポンサーリンク

てんぷらやカツならまた違った楽しみ方ができそうですね。
揚げたてならなおのことおいしそうです。
茶碗蒸しにも合いそうですね。

洋風おせち

伝統的なおせちのアレンジで物足りない場合は、おせちを洋風にしたらいかがでしょうか。

洋風おせちとは、その名の通りおせち料理を洋風にアレンジしたものです。
最近では意外と洋風おせちは広く浸透している感じです。
実家でもある年突然、おせちが洋風になっていました。^ ^;

洋風おせちの料理とは、どのようなものがあるのでしょうか。
代表的なものをご紹介します。

ローストビーフ

おせちでよく見かけますよね。
縁起物ではないですが、日持ちしますし、何と言ってもご馳走って感じがしますよね。
お正月なのでちょっと奮発して贅沢にお取り寄せしてもいいですし、スーパーで買っても豪華な一品になります。

最近ではこのように縁起にこだわるより、おいしいご馳走を食べて正月をお祝いしたいという傾向がありますね。

テリーヌ

テリーヌとは、肉や魚や野菜などをつぶして味付けし、型に入れて蒸し焼きにしたフランスの料理です。
切った時の切り口がきれいなのでお祝いにぴったりですね。

スモークサーモン

スモークサーモンとは、塩漬けにした鮭を燻製にしたものです。
鮮やかな紅色のスモークサーモンはおせちを華やかにしますよね。
市販の高級おせちにも、スモークサーモンを花の形にしたものをよく見ます。

オマール海老

オマールとはフランスにおけるロブスターの別名です。
オマール海老はオマールに日本語の海老を付けたものなので、要するにロブスターのことです。
洋風おせちにもオマール海老のグラタンなどのオマール海老を使った料理をよく見かけます。

中華おせち

洋風のみならず、中華風のおせちもあるようです。
中華料理も見た目が色鮮やかなものもあるので、新年のお祝いに合いますね。
中華料理自体に好き嫌いがありそうですが、好きな方は中華おせちも検討の余地はありそうです。

メニューは、海老のチリソースやアワビのオイスターソース煮など、中華料理でおなじみのものを詰めた中華おせちが売られたりしています。

まとめ

今どきは伝統的なおせちにこだわらず、おいしいものを食べるようになってきました。
縁起物のアレンジや洋風や中華風など、バリエーションもいろいろ考えられます。
洋風や中華風は作るのが難しいものもあるので、宅配やお取り寄せを利用してはいかがでしょうか。
全部の料理を和風、洋風、などと揃える必要もなく、好きなものを取り入れて和洋折衷でいいのではないかと思います。

みんながおいしく、飽きずに全部食べられるおせちにしたいですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

-おせち
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。