あしたはもっとラク

今日始めれば明日はもっと楽にできる。知っただけでなく行動しよう。疑問の解決策や良い習慣について体験をベースにご紹介します。

母の日

母の日はバラとカーネーションのどちら?バラの色や花言葉のご紹介

投稿日:

母の日にカーネーションを贈る方も多いと思いますが、毎年カーネーションばかりを贈るのもどうなんだろうと思うこともあるかと思います。
お母さんも飽きてしまうと嬉しくないのではないか、とか考えてしまいますよね。
そんな時は、カーネーション以外の花を贈ってみるのはどうでしょうか。
母の日に贈られる花はいろいろありますが、特にバラは母の日ギフトとしても人気が高い花です。
ですが、バラにはどんな色や花言葉があるのか、知らない方も多いかと思います。

そこで今回は、母の日に贈るバラについてご紹介します。

スポンサーリンク
  

母の日のバラ

バラと言えば女性に愛される花というイメージがあります。
華やかなバラは母の日の贈り物としてもぴったりですね。

花束でもアレンジメントでもバラはメインになりますよね。
種類も豊富でアレンジメントもいろいろあり、香りも良く、何と言っても存在感があります。
また、ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどの保存用でも状態が美しく人気があります。
5月中旬から6月中旬はバラの最盛期になりますので、母の日のバラはおすすめです。

母の日はバラとカーネーションどちらがいい?

今年の母の日の花は、カーネーションにしようか、それともたまにはバラにしようか、などと迷うこともあるかと思います。
母の日のカーネーションは定番ですが、マンネリ気味の場合もありますよね。
毎年カーネーションではお母さんも飽きてしまうかも・・・とちょっと気になります。
その場合はバラなどのカーネーション以外の花を検討してもいいかもしれませんね。
バラは、カーネーション以外では母の日の贈り物として一番人気があるようです。

また、バラとカーネーションを合わせた花束やアレンジメントもいろいろありますね。
女性に人気のピンク色で淡い色から濃い色までのバラに、真紅のカーネーションを組み合わせると、存在感のあるブーケになります。

実際に母の日の花を贈った方やもらった方の意見は以下のようになっています。

  • カーネーションはありきたりのような気がして、私も昨年はミニバラの鉢植えを贈った。そのまえは胡蝶蘭。
  • 贈る側の感謝の気持ちが大事なので、いただいた方はどちらでも嬉しいのではないか?
    ただ、鉢はカーネーションの方が育てやすく、切り花もカーネーションの方が日持ちする
  • バラは単価高いので同じ値段でたくさんの色でボリュームのあるカーネーションがうれしい
  • バラとカーネーションと他と、上手く組み合わせた花束が嬉しい
    カーネーションだけだといかにも母の日って感じだし、バラだけだと恋人や旦那さんからもらいたい・・・
    だから華やかに色んなお花が欲しい
  • わたしの母は園芸も好きなので「ミニ薔薇の鉢」をあげた。
    庭に植え替えてくれて大きく育っている。

カーネーションにもメリットがありますし、やはり人気は高いようですね。
ですが、ありきたりなのでバラを贈るという方も多いようです。
また、ミニバラを贈る方も多いですね。

何を贈るかは相手の方の好みもありますので、まずはお母さんの好みを考えた方が良いですね。

ちなみに私の場合、実母は花の種類にこだわりが無さそうなのでカーネーションですが、妻のお義母さんはバラの鉢植えがいいというご要望なので、毎年バラを贈っています。 ^ ^

母の日 バラの色

バラの色で言えば、赤やピンクはバラの定番ですよね。バラと言うと赤やピンクが思いつきます。
赤やピンクのバラを組み合わせたしたアレンジメントもすてきです。
赤いバラの品種としては「クリムゾン・グローリー」や「アレックスレッド」、「ローズオオサカ」などがあります。
ピンク色は品種により濃淡がいろいろあります。
淡いピンクの品種には「フェリシア」「アベイドゥヴァルサント」「デュシェス・ドゥ・ブラバン」など、濃いピンクの品種には「サンテグジュペリ」などがあります。

スポンサーリンク

もっと落ち着いた印象の色の方がいい場合は、白や紫の品種もおすすめです。
赤やピンクが派手過ぎたり可愛過ぎたりに感じる場合は、白や紫が良いのではないでしょうか。
白いバラの品種としては「シュネープリンセス」「アンナプルナ」など、紫のバラの品種には「シャルル・ド・ゴール」「シークレット・パフューム」「ブルームーン」などがあります。

バラには単色のもの以外に「複色」という複数の色が含まれるバラもあります。
特に最近の新しいバラの品種には複色系のものが多い傾向もありそうです。
つぼみや咲き始めや開いたときなど、その時々で表情が変わるので変化を楽しむのもいいですよね。
ピンクと白の「ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ」、黄色と赤の「チャールストン」、ピンクとオレンジの「クロード・モネ」などがあります。

母の日 バラの花言葉

バラ全般の花言葉は「愛」「美」になりますが、色ごとにも花言葉があります。

赤いバラ

赤いバラの花言葉は「あなたを愛してます」「愛情」「美」などです。

バラと言えば赤いバラのイメージを持つ方も多いと思います。

プレゼントに真紅のバラの花束なんて派手なイメージもあるかもですが、高級感はやはりありますよね。
赤いバラが派手すぎると感じたら、他の色と組み合わせるのもいいと思います。

白いバラ

白いバラの花言葉は「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」などです。

ウェディングのイメージもある白いバラですが、「尊敬」の花言葉からも親への日頃の感謝として贈るのに適していると思います。
また、白いバラは他の色とも合うので人気です。
しかし、仏事に用いられることもあるため、年配の方へ贈る場合は注意が必要かもしれません。

ピンクのバラ

ピンクのバラの花言葉は「しとやか」「上品」「温かい心」などです。

赤いバラほどの派手さはなく柔らかい印象がありますよね。

色も、淡いピンク色から濃いピンク色までいろいろあります。
色の品種が一番多いとも言われているのがピンクです。

バラの高級感がありつつ可愛らしさも持つピンク色も贈り物にいいですよね。

黄色のバラ

黄色のバラの花言葉は「友情」「平和」「愛の告白」などです。

明るい黄色のバラも贈りやすい色ですよね。
色も、クリーム色っぽいものからオレンジ色っぽいものまで様々です。

但し、カーネーションと同じでネガティブな花言葉もあるとも言われていますので、花言葉を気にされる場合は要注意です。
風水好きな方なら金運を呼びそうで喜ばれそうですね。

オレンジのバラ

オレンジのバラの花言葉は「愛嬌」「絆」「信頼」などです。

お日様のように暖かい印象で、見ていて元気になれる色ですよね。
そんな、ポジティブなイメージのオレンジ色ですが、オレンジのバラはバラの歴史の中でも比較的最近登場したものになります。

母の日にミニバラ

ミニバラとは、花も葉も大きさが小さく、高さも低いバラのことです。
ロサキネンシス・ミニマと呼ばれる品種の流れをくむものをミニバラと言うそうです。

花言葉は「無意識の美」です。
小さいミニバラですが、バラと同じく愛と美の象徴とされています。

母の日にミニバラをプレゼントされる方も多いようです。
コンパクトで可愛らしいミニバラを検討してみるのもいいですよね。

まとめ

母の日に贈るバラについてご紹介しました。

カーネーションばかりでなくバラを贈るという方も結構いらっしゃいます。
また、カーネーションと組み合わせてボリュームを出すのも喜ばれます。
品種も様々で色により花言葉も違ってきますので、お気に入りが見つかるといいですね。

スポンサーリンク

-母の日
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

母の日に贈る特別なプレゼントってどんなもの 食事や写真撮影など

スポンサーリンク 毎年母の日に同じような花を贈っていると、マンネリ化してきますよね。 お花ばかりでは、お母さんも飽きてしまうと思います。 「もう母の日に花はいい、気持ちだけでいいよ」と言われた方もいら …

母の日に喜ばれるもの プレゼントの選び方や気持ちを込めて贈るには

スポンサーリンク 普段なかなか口に出せない感謝の気持ちを伝える一年に一度の母の日。 そんな母の日にはやはりお母さんに喜ばれるものを贈りたいものです。 ですが、喜んでもらうには何を贈ったらいいのか悩む方 …

母の日に贈る胡蝶蘭 花言葉や珍しい色やおすすめのご紹介

スポンサーリンク 母の日に定番のカーネーションの代わりに胡蝶蘭を贈る方が最近増えているようです。 胡蝶蘭は様々なお祝いごとで重宝される花なので、一年に一回の母の日に感謝の気持ちを伝える贈り物として定着 …

母の日に変わった花のプレゼント 青いカーネーションや胡蝶蘭など

スポンサーリンク 母の日に毎年同じようなお花を贈っていると、マンネリ化してきませんか。 最初のうちはカーネーションでいいと思いますが、それも続くとお母さんも飽きてしまいそうですよね。 お花以外のプレゼ …

母の日にアジサイが贈られるのはなぜ?花言葉やおすすめは?

スポンサーリンク 母の日と言えばカーネーションが有名ですが、最近ではアジサイがその座に迫る勢いで注目されているようです。 以前は公園や庭などに植えられているイメージだったアジサイも、最近では鉢植えでき …



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。