あしたはもっとラク

今日始めれば明日はもっと楽にできる。疑問の解決策などについてご紹介します。

花粉症対策

花粉症にヨーグルトがいいって本当?効果のある乳酸菌や食べ方とは

投稿日:

毎年の花粉が飛散する量が増える時期には多くの方が花粉症で辛い思いをされていることと思います。
薬で抑えたりサプリメントで緩和したりと様々な対策をされていることでしょう。
その中でも花粉症に効く食べ物としてよく聞くのが「ヨーグルト」です。
なんとなく健康には良さそうな印象がありますが、本当にヨーグルトは花粉症に効果があるのでしょうか。

そこで今回は、ヨーグルトは本当に花粉症に効果があるのか、その理由についてご紹介します。

スポンサーリンク

花粉症にヨーグルトがいいって本当?

花粉症を改善する食べ物として有名なのがヨーグルトですよね。
ヨーグルトと言うと、乳酸菌で健康に良さそうなイメージはありますが、本当にヨーグルトを食べるだけで花粉症の改善になるのか、疑問を感じる方も多いのではないでしょうか。

実際にヨーグルトを食べて花粉症が改善したという方もいらっしゃるようです。
ヨーグルトで花粉症が改善したという方の意見を見てみましょう。

  • 5年くらい前に便秘改善のためにビフィズス菌系のサプリを飲んでた時期があり、その頃から急に花粉症が軽減した。
    その後サプリはやめたが、ヨーグルトは毎朝食べている。花粉症は相変わらずあるが昔ほど酷くはない
  • 花粉症ではないが、ネコアレルギーを克服した。自家製のカスピ海ヨーグルトを朝の習慣にするようになってから、だんだんと治ってきた
    今ではほとんど薬も必要なし。免疫力がついて、腸も強くなったのだろう。
  • 花粉が飛び交う様な時期にはまず朝に花粉症の薬を飲む。以前はもっと酷い状態で薬も効かなかったが、食事にヨーグルトや大豆製品を取り入れて随分改善した
  • ヨーグルトで軽減された。
    今年は胃腸の調子もよく、腸内環境が改善されて花粉症も軽減された。

効果を実感されている方はいらっしゃるようです。
なんとなく、「軽減した」「昔ほど酷くない」「だんだんと治ってきた」「随分改善した」など、すぐに完全に治るという感じでは無さそうです。
ですが、改善されるのであれば、試してみる価値はありそうですよね。

花粉症にヨーグルトが効く理由とは

花粉症にヨーグルトが効くという理由はなんでしょうか。
ヨーグルトのイメージとしては、便秘解消など腸に良さそうな感じですよね。
これが花粉症と関係あるのでしょうか。

ここでは、花粉症とヨーグルトとの関係についてご紹介します。

花粉症とは

私たちの身体には、異物の侵入に対抗する免疫の仕組みがあります。
花粉症とは花粉に対して免疫機能が過剰反応したものです。
そしてこのアレルギーを引き起こす物質のことを「アレルゲン」と呼び、日本人の多くの方を悩ませているアレルゲンが花粉です。
スギやヒノキなどが春に花を咲かせる際に多くの方に花粉症の症状が一斉に出てきます。

本来無害なはずの花粉に対して免疫機能が有害な異物と認識してしまうために症状が現れてしまいますが、では、なぜ免疫機能は誤った認識をしてしまうのでしょうか。

花粉症が起きる仕組み

lgA抗体という、花粉などのアレルギー物質が体内に吸収されるのを抑える働きをするものがあります。
アレルギー症状を起こしにくくするためにはこのlgA抗体を増やす必要があります。
花粉症の場合、IgA抗体は鼻や眼の粘液で花粉を捕らえ、アレルギー症状を起すことなく体外へと運び去る役割を果たします。

また、IgE抗体という、アレルギー症状の原因となるものがあります。
異物などがIgA抗体をすり抜けて体内へ侵入すると、ヘルパーT細胞という免疫の司令塔から異物を除去するようにIgE抗体へ命令します。
そして、IgE抗体が花粉と結合すると、肥満細胞からヒスタミンが大量に分泌され、それがかゆみやくしゃみといったアレルギー症状になります。

このヘルパーT細胞には、Th1とTh2という2種類があります。
Th1は感染症の免疫の役割を持ち、Th2はアレルギーに関する役割があります。
アレルギー患者はこのTh1に比べてTh2が多すぎるということです。
本来は、どちらか一方の反応が過剰にならないように、お互いの働きを抑制し合うようにも働いています。
ですが、アレルギー反応起こすTh2と、アレルギー反応を抑えるTh1のバランスが崩れることで、花粉症などのアレルギーが発症するというのが原因と言われています。

つまり、この免疫機能のバランスが崩れると花粉症が発症し、正常な状態に修正できれば症状が収まるということになります。

ヨーグルトとの関係

免疫機能のバランスを正常化するには体質を改善するという方法が今のところ有力です。
一般に、ラクトバチルス菌やビフィズス菌などのグラム陽性菌と言われる細菌は、ヘルパーT細胞をTh1へと導きます。
そのため、グラム陽性菌である乳酸菌を多く含むヨーグルトが花粉症に効果があると言われています。

花粉症に効くヨーグルトの乳酸菌とは

では、どんなヨーグルトを選べば花粉症に良いでしょうか。
普通の乳酸菌は摂取しても胃酸で死んでしまいますが、生きたまま腸に届く乳酸菌もあります。
そのような乳酸菌であれば効果が期待できそうですね。

いろいろなヨーグルトがありますが、中でも花粉症に効くとされるものとして以下の菌が含まれるものが挙げられます。

ビフィズス菌BB536

森永乳業によると、花粉症患者44名に、スギ花粉が飛び始める約1ヵ月前から、ビフィズス菌BB536粉末またはプラセボ粉末を13週間にわたって摂取してもらい、ビフィズス菌BB536摂取により症状が緩和されたという報告があります。
また同様に、ビフィズス菌BB536入りヨーグルトを用いた臨床試験においても症状の改善作用が認められたとのことです。

ビフィズス菌BB536株は、森永乳業によって1969年に健康な乳幼児から発見された乳酸菌です。
ビフィズス菌は一般的に酸や酸素に弱く、摂取しても胃酸で死んでしまいますが、ビフィズス菌BB536は酸や酸素に強く、生きたまま大腸に到達することができます。
森永乳業の「ビヒダス プレーンヨーグルト」は、腸内のビフィズス菌を増やし、腸内環境を良好にする特定保健用食品です。

乳酸菌シロタ株

ヤクルトの生みの親である医学博士の代田氏は、胃液や胆汁などの消化液にも負けずに生きて腸まで到達し、悪い菌を退治するという乳酸菌を発見しました。
この乳酸菌をさらに強化して培養することに成功したのが「乳酸菌 シロタ株」と呼ばれる「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」になります。
この乳酸菌の力を届けるために「ヤクルト」の販売が始まったということです。

ヤクルトにも「ソフール」というヨーグルトがあります。
生きた乳酸菌シロタ株が1個に10億個以上入っています。
ですが、「ヤクルト400」は1本に乳酸菌シロタ株が400億個含まれるので、ヤクルト400の方がオススメです。

LGG乳酸菌

LGG乳酸菌は、1980年代に健康な成人の腸内から分離された乳酸菌で、世界で最も広く使われている代表的なプロバイオティクス乳酸菌の1つです。
LGG乳酸菌の腸管免疫に与える影響を調査した結果、腸管の免疫を活性化して外部からの異物に対して腸管の防御機構を高めることが示唆されたとのことです。
LGG乳酸菌も胃酸や胆汁酸に強く、腸までしっかり届きますが、更に腸内に長くとどまるという持続性の高さが大きな特長になります。

タカナシ乳業の「ヨーグルト おなかへGG!」は、LGG乳酸菌が生きたまま腸に届き、腸内の環境を良好にする特定保健用食品です。

スポンサーリンク

花粉症に効果があるヨーグルトの食べ方とは

花粉症に効果があると言われるヨーグルトがわかったとして、これらのヨーグルトを食べると花粉症にはかからなくなったり、花粉症が治ったりするのでしょうか。

実は、そうはいきません。

ヨーグルトを摂取するのは、あくまで体質改善が目的になります。

花粉症にヨーグルトは即効性が無い?

ヨーグルトは腸内細菌を増やして免疫バランスを整える効果があるため、花粉症の症状を抑える効果はあると言えますが、ヨーグルトを食べればすぐに効果が現れるというような即効性はありません
そのため、ヨーグルトは長期間にわたって食べ続ける必要があります
疫機能を改善し、正常に保つことが重要ということですね。
なので、すぐに花粉症を抑えたい場合は、病院へ行って抗アレルギー剤を服用することが確実だと思います。

また、人によって同じヨーグルトを食べても花粉症が改善する人としない人がいるようです。
人によって合う合わないがありそうですね。

花粉症対策のヨーグルトはいつから食べたらいい?

ヨーグルトで花粉症の症状を抑えるならば、花粉が飛散する1か月前から毎日摂るようにすべきと言われています。

ですが、ヨーグルトを摂取する期間も、1か月で効果を感じる人もいれば半年かかる人もいるそうです。

また、症状が悪化してから積極的に摂ってもあまり意味がありません。
できれば普段から毎日摂取するようにした方がいいです。

私は記憶している限り子供のころから今まで毎朝ヨーグルトを食べていました。
もちろんそれだけが理由ではないと思いますが、50年近くの間花粉症は一度も経験していません。

まとめ

ヨーグルトは本当に花粉症に効果があるのか、その理由についてご紹介しました。

花粉症は、免疫機能のバランスが崩れることから発症します。
そして、ヨーグルトに多く含まれる乳酸菌が免疫機能のバランスを整える効果があると言われています。

普通の乳酸菌は摂取しても胃酸で死んでしまいますが、生きたまま腸に届く乳酸菌であれば花粉症改善の効果も期待できそうです。
また、ヨーグルトの効果は即効性が無いので、長期間にわたって摂取する必要があります。

即効性を期待した方には残念かもしれませんが、花粉症の改善は体質改善が必要です。
体質改善の手段の一つとして、ヨーグルトも試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

-花粉症対策
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。