あしたはもっとラク

今日始めれば明日はもっと楽にできる。疑問の解決策などについてご紹介します。

花粉症対策

花粉メガネはコンタクト装用者でも必要?度付きと度なしのどちら?

投稿日:

冬の寒さが和らぐといよいよ春に向かいますが、この時期に気になるのが花粉です。
花粉症の症状の中には目のかゆみがありますが、コンタクトレンズを装用している方にとってはこの時期は特に辛いことと思います。
花粉症の対策として、花粉症対策メガネを使用するという方法がありますが、コンタクトレンズ装用者にも必要でしょうか。
コンタクトレンズを日常的に使用する方にとっては気になりますよね。

そこで今回は、花粉症対策メガネはコンタクト装用者でも必要かどうかについてご紹介します。

スポンサーリンク

花粉メガネはコンタクト装用者でも必要?

春はぽかぽか陽気で気持ちのいい季節ですが、花粉症の症状がある方にとっては、ひどい目のかゆみや鼻水など、辛い時期ですよね。
特にコンタクトレンズを使用している方にとっては、花粉症による目のトラブルが発生してしまう可能性が高まります。

花粉が飛散する時期のコンタクトレンズは危険?

花粉症とは、花粉が原因となるアレルギー性の症状です。
花粉症の代表的な症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、そして、目のかゆみ、があります。

花粉症の方の多くは目のかゆみを感じています。
また、目については他にも、充血、目ヤニ、異物感などの症状も起こりやすいです。
これは、アレルギー性結膜炎の症状で、目の表面にアレルゲンである花粉が付着して、結膜に炎症を起こしています。
花粉が飛散するこの時期にコンタクトレンズを装用すると、レンズに花粉が付着しやすくなり、花粉症の症状を引き起こしやすくなります。

アレルギー性結膜炎の場合にコンタクトレンズを装用すると、レンズが曇ったり、レンズが引き上がってずれたり、ゴロゴロしたりという症状が現れることが多いです。
その場合は、コンタクトレンズの使用を中止してアレルギー性結膜炎の治療が必要になります。

コンタクトレンズ装用者の花粉症対策は?

では、他のみなさんはどのように対策しているのでしょうか。

  • 花粉症だが、軽度なので毎日つけている。
    花粉症対策に有効な目薬を処方してもらえればだいたい乗りきれるし、花粉症の症状がきつくてダメなときは、抗アレルギー剤を服用している。
  • この時期は1Dayを使用していた。
    ハードコンタクトの時は、どんな目薬でも使用可だったので、目薬に頼っていた。
  • 花粉症で普段はメガネとコンタクトをしているが、その時期はメガネが多め。
    多少は違うと思う。レンズに花粉付いているしその分は…
    あとコンタクトしてないと目を洗いやすいってのはある。
  • メガネを早急につけるべき。目薬は有効だが健康的なものではないのでメガネをかけて回数を減らすべき。
  • 酷いとメガネになる。無理に付けても痒さと充血で付けられない。
  • 今年は、花粉症用のメガネを買おうと思っている。
    コンタクトを装着しているため、その上からメガネをするつもり。

この時期にコンタクトレンズを装用するならばワンデータイプが良いです。
コンタクトレンズに花粉が付着するので、同じものを使い続けるほど危険性が高まります。
ワンデータイプなので、もちろん毎日替えることが前提です。

また、目薬や薬の服用で乗り切っている方もいらっしゃいます。

ですが、一番良い対策は、目に花粉が付着しないよう対策することですよね。
花粉症の主な症状である、目のかゆみや充血、目ヤニなどは、コンタクトレンズの使用により更に大きくなると言われています。
花粉がコンタクトレンズにも付着するために症状が酷くなるのです。

そのため、花粉症の症状が無いなら普通のメガネ、症状があるなら花粉症対策メガネの着用をオススメします。

花粉メガネは度付きと度なしのどちらがいい?

コンタクトレンズ装用者が花粉メガネを着用する場合、以下の2通りの方法がありますよね。

  • コンタクトを付けて、花粉症対策の度なしメガネをかける
  • コンタクトを外して、花粉症対策の度付きメガネをかける

花粉症対策メガネは一般的には度なしですが、度付きのものも用意されています。
どちらがいいのでしょうか。悩ましいところです。

迷ったら、まずは度なしメガネで安いものを試してみることをオススメします。
度付きメガネにする場合、度なしメガネにプラス料金で度付きにしてもらえるものもあるようですが、できないものもあるので確認した方がいいです。


スポンサーリンク

コンタクトレンズ装用者の花粉症対策は?

以上から、コンタクトレンズ装用者に良い花粉症対策としては、以下がオススメです。

花粉症の症状が無く、心配もしていない場合

花粉症の症状がまだ無く、また、花粉症の心配もしていない場合でも、花粉症の予防は考えたいところです。
そのため、花粉が飛散する時期はワンデータイプのコンタクトレンズに替えることをオススメします。
症状が無いなら今のままでも大丈夫だと思いますが、予防を考えるとコンタクトレンズに花粉が付着したまま使いまわすことは危険と考えられます。
以下のように花粉症対策メガネを使用する方がさらに安心です。

花粉症の症状がある、あるいは心配している場合

花粉症の軽い症状がすでにある、あるいは症状はないけど心配しているという場合は、コンタクトレンズの上に度なしの花粉症対策メガネの着用をオススメします。
花粉症の症状がまだ軽くコンタクトレンズの装用が可能であれば、花粉が入ってこないように対策することが大事です。
これにより、花粉症の症状を抑えられることができ、症状が無い場合でもしっかり予防することができます。
コンタクトレンズをワンデータイプに替えるとさらに安心ですね。

花粉症の症状がひどい場合

花粉症の症状がひどい場合は、コンタクトレンズを使用せずにメガネを着用することをオススメします。
コンタクトレンズを使用しているということは、メガネも持っているかと思います。
コンタクトレンズをやめてメガネにするだけでも状況は改善されます。
花粉症の症状が軽くなるだけでなく、メガネをかけることで目に入る花粉をカットできるので、症状の悪化を抑えることができます。

更に花粉症対策メガネにした方がより状況は良くなります。
普通のメガネよりも高い花粉のカットが期待できるので、普通のメガネをかけたけど効果が感じられないという方は試してみてはいかがでしょうか。

度付きの花粉症対策メガネでも良いですが、メガネの上にかけられる花粉症対策のオーバーグラスもあります。
ちょっと大きいので、ごつい、不格好という印象もありますが、外出時だけでも効果はあると思います。

まとめ

花粉症対策メガネはコンタクト使用者でも必要かどうかについてご紹介しました。

花粉症の症状が無く心配もしていない場合は、予防のためにもワンデータイプに切り替えるのがいいです。
もし花粉症の軽い症状がすでに出ている場合や症状はないけど心配している場合は、コンタクトレンズの上に花粉症対策メガネを着用して花粉の侵入を防ぐ必要があります。
さらに花粉症の症状がひどいならば、コンタクトレンズをやめてメガネにするのがいいです。

ちなみに、ワンデータイプの注意は、毎日きちんと替える必要がある点です。
もったいないからと入れっぱなしにして失明したという症例が多いようなので、正しい使い方をしましょう。

この時期はコンタクトレンズに花粉が付きやすく、花粉症の症状が悪化してしまいがちです。
適切にコンタクトレンズを使用し、花粉症対策メガネも利用して花粉の時期を乗り越えていきましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

-花粉症対策
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。