あしたはもっとラク

今日始めれば明日はもっと楽にできる。疑問の解決策などについてご紹介します。

父の日

父の日のプレゼントにいびき改善グッズ いびき防止枕や抱き枕など

投稿日:

いびきの大きなお父さんっていらっしゃいますよね。
そのいびきに悩んでいるご家族の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、お父さんもそのいびきに悩んでいる場合もあります。
そんなお父さんのいびきを解消するグッズを父の日にプレゼントしたらいかがでしょうか。
いびきは身体の不調のサインとも言われています。
場合によっては放っておけないこともあるようです。

そこで今回は、父の日のプレゼントとしていびき改善グッズについてご紹介します。

スポンサーリンク
  

父の日のプレゼントにいびき改善グッズ

そもそも、人はどのようなときにいびきをかくのでしょうか。

疲れたときや飲み会などお酒を飲んで帰ったときはいびきをかきやすいと言われています。
ですが、この場合は疲れやお酒により体の筋肉が緩んだのが原因なので、体が元に戻ればいびきは止まります。

風邪が原因で鼻が詰まってもいびきをかきやすくなります。
これも症状が回復すればいびきは止まります。

また、歳をとるといびきをかきやすくなることもあります。
この加齢によるいびきは解決は難しそうですが、寝ている人の健康に影響するものではないようです。

しかし、放っておくと健康に影響が出るいびきもあります。
特に太っている人でいびきをかいている場合は危険な場合があります。
代表的なのが、睡眠時無呼吸症候群です。
睡眠時無呼吸症候群により睡眠中の酸素が不足すると、脳や身体に影響が出てしまいます。動脈硬化や不整脈の原因にもなります。新陳代謝に異常をきたして肥満になる傾向があるという話もあります。

いびきをかいている周りの人も迷惑しているかもしれませんが、いびきをかいている本人にとっても良くないことはありそうです。

父の日に枕でいびき改善

の形によってはいびきが改善される場合があります。
しかし、逆にいびきをかきやすくなることもありますので、どのような枕がいびきに良いか見てみましょう。

いびきは、寝ているうちに空気の通り道である上気道に舌が落ち込んだりして狭くなり、その狭くなった上気道を空気が通ろうとするときに生じます。

枕が高すぎると上気道が折れ曲がり狭くなってしまうことがあります。
逆に、枕が低すぎると舌が上気道に落ち込んでしまいます。
枕は高すぎず低すぎず、ちょうど良い高さのものがいびきには良いですね。

また、姿勢を変えにくい枕はいびきをかきやすいとも言われています。
横向きになりやすい枕の方がいびきには良さそうです。

よって、枕選びのポイントは、枕の高さと、枕の中身の素材が重要となります。

スポンサーリンク

高さについては、寝具売り場で測ってもらうのが一番良いです。
ですが、自分で測ることもできます。
バスタオルを用意し、いつも寝ている枕より少し高くになるように折りたたんで重ねて、それを枕代わりにして寝てもらいます。
これでいびきが改善したら、いつもの枕は低すぎたと判断できます。
むしろ悪化したら逆に低くして試してみます。
これでちょうど良い枕の高さを測ることができます。

中身の素材については、姿勢を変えやすいものが良いです。
形が崩れにくいものの方が横を向きやすいと思います。
また、柔らかすぎて深く沈みこんでしまう枕は高さが低くなってしまうので、せっかくちょうど良い高さを測っても無駄になってしまいそうです。
そう考えると、羽毛、ウール、ポリエステルなどは形が変わりやすくて沈み込みやすいので適切ではないかと思います。
そば殻やマイクロチップの方が形を維持しやすいため、いびきには向いていると言えそうですね。
但し、枕の中身が移動して形が変形してしまう可能性があります。
その点、低反発ウレタンフォームなら中身が移動してしまう心配はないです。
柔らかすぎると沈んでしまうので、ちょうど良い硬さのウレタンフォームはいびき対策に良さそうです。

また、いびき防止枕という商品もいろいろあります。
いびきを防止したり睡眠の質を改善するために考えられた枕です。
いびき対策の枕は、適切な姿勢を保つよう独特な形をしていて、少し硬めにできているものが多いようです。
正しい寝姿勢を保つことができそうですね。

いびきの音を感知して自動で高さ調節する枕もあるようです。
「いびきバスター」というこの商品は、電動エアバッグ内臓で自動的に狭まった気道を確保させてくれるようです。
使った方の感想は賛否両論ですが、これも面白そうです。

父の日のプレゼントに抱き枕

いびきの防止には抱き枕もオススメです。
抱き枕を使って横向き睡眠をすることで、いびき防止になると言われています。

いびきの軽減には、横向き寝が良いとされています。
横向き寝により口が開くことが減り、また舌の根が気道に落ち込むことも抑えられ、いびきが軽減されるということです。

抱き枕を使うことにより、体の側面にかかる負担がされ、横向きの状態を楽に維持できます。
いびきの改善に抱き枕をプレゼントしてみるのもアリですね。

まとめ

父の日のプレゼントとしていびき改善グッズについてご紹介しました。

いびきの改善になる枕は、お父さんに合った、良く眠れる枕とも言えます。
お父さんも自分では買わないけどプレゼントされたらうれしいのではないでしょうか。
いっしょに枕を選びに行くのもいいですし、いびき防止の枕と言わずこっそりプレゼントするのもいいですよね。

お父さんのいびきは周りの人も大変ですが、お父さんの体にも負担がかかっている可能性もあります。
父の日のプレゼントでいびきを改善するきっかけになってくれたらいいですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

-父の日
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

関連の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。