あしたはもっとラク

今日始めれば明日はもっと楽にできる。疑問の解決策などについてご紹介します。

母の日

母の日に贈る特別なプレゼントってどんなもの 食事や写真撮影など

投稿日:

毎年母の日に同じような花を贈っていると、マンネリ化してきますよね。
お花ばかりでは、お母さんも飽きてしまうと思います。
「もう母の日に花はいい、気持ちだけでいいよ」と言われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
せっかく贈るのだから喜んでもらいたいものです。
そんなときは、ちょっといつもとは違うプレゼントで特別感を出してマンネリ化を打開しましょう。

そこで今回は、母の日に贈る特別なプレゼントについてご紹介します。

スポンサーリンク
  

母の日に贈る特別なプレゼント

毎年同じような花ばかり贈っていると、目新しさや新鮮さが欲しくなってくることもありますよね。
マンネリを打開するには、いつもとは少し違う、特別に感じるプレゼントを贈るのはどうでしょうか。

ですが、あまり奇抜なものを贈っても困らせてしまうだけになりそうです。
なので、一般的に受け入れられそうなもので特別なものを考えてみたいと思います。

母の日に特別な食事のプレゼント

いつも家事をがんばってくれているお母さんへ、豪華なランチへご招待するのも良いのではないでしょうか。
この日ばかりは家事から解放されて、おいしいお食事でくつろいでもらうのもいいと思います。
食べるのが大好きなお母さん、高級レストランが大好きなお母さんなら絶対に喜んでくれるでしょう。

いろいろなレストランで母の日ランチプランなどが用意されます。

一流ホテルでも母の日ランチのプランがあります。
カーネーションの花束が付いたプラン、ケーキのサービスが付いたプラン、スパでトリートメントが受けられるプランなど、いろいろなホテルで母の日のお食事プランを企画しています。

また、テレビや雑誌などでお馴染みの有名シェフのお店もいいですよね。
例えば、ラ・ロシェルというお店は、「料理の鉄人」でおなじみの坂井宏行さんがオーナーシェフを務めるお店です。
他の店との味の違いは判らなくても記憶には残りそうですよね。

私の妻は食べるの大好きでミーハーなので、こういうのはいいかもしれません。 ^ ^;

母の日に特別な写真撮影のプレゼント

プロのカメラマンにきれいに写真撮影してもらうというのはどうでしょうか。

例えば、母の日にお母さんをきれいに写真撮影してくれるところがあります。
母の日フォトキャンペーンとして、「奇跡の一枚」を撮ってくれます。
いつまでも若く元気でいてほしいお母さんへのプレゼントにいいのではないでしょうか。
写真大好きなお母さんだったら喜ばれそうですね。

「奇跡の一枚」メイクアップ&フォトスタジオ「オプシス」

普通の写真スタジオでの撮影でももちろんいいです。
ですが、せっかくなので特別なメイクで「奇跡の一枚」なんていうのも特別なプレゼントで喜ばれそうです。

私の妻は写真大好きなので、多分喜びます。

母の日に特別なスイーツのプレゼント

甘いもの好きなお母さんならば、普段はあまり買えないような有名店のスイーツなども喜ばれそうですよね。
スイーツの場合、自分では買わないけど貰ったら嬉しい豪華なケーキやお菓子などもありそうです。

スポンサーリンク

お花を贈るとしても、スイーツをプラスすれば、スイーツ好きなお母さんにとっては特別なプレゼントになります。
まさに花より団子かもしれませんよね。

大粒あまおうを使ったいちご大福や、濃厚なチーズケーキ、宇治抹茶の香り広がる極上プリンなど、お取り寄せスイーツもいろいろあります。
季節限定のものもありますので、気になったものがあったら売り切れないうちに予約しましょう。

母の日に特別な色紙のプレゼント

贈る相手の方の名前を埋め込んだ「詩」(ポエム)を色紙に書いたものを、母の日などの記念日にプレゼントします。
詩といっしょに似顔絵を入れる場合もあります。
好みもあると思いますが、初めての場合はびっくりしてもらえると思います。
但し、毎年贈るものではないので、使えるのは一度限りですね。

母の日に手紙を渡す

普段言えないようなことを手紙に綴るというのも驚きを与えることになると思います。

どんなプレゼントよりもやはり言葉が一番嬉しいのではないでしょうか。

そんなに堅苦しく考える必要はありません。
お母さんの顔を思い浮かべながら、日頃の感謝の気持ちを言葉にして書きます。
手書きで一文字一文字書き綴った手紙を渡すというのが大事です。

普段はあまり手紙を贈らないという方や、あまり気持ちを伝えることが無いという方からの手紙となると、やはり特別な思い出になるのではないでしょうか。

母の日のプレゼントでサプライズ

贈り方を工夫してサプライズを演出する方法もありそうですね。

  • 美容院の費用をサプライズプレゼント。
    母はまだ美容院の予約もしていないが近々行くようなので、その美容院に行ってサプライズを協力してもらって先に費用を受け取ってもらう。
  • プレゼントしようと考えていたパンツを、自分が買うような振りをして内緒でそのお店に連れて行った。
    お店に入ってから色々と母に勧め、そこで初めて母の日のプレゼントにするよ、と言った。
    試着したところ、母も気に入ったようなのでその場ですぐに購入し、プレゼントした。

目的を伝えずに連れて行ってプレゼントするというのも特別な思い出として残りそうです。

レストランでサプライズのケーキやプレゼントを用意しておくなど、工夫次第では面白そうですね。

まとめ

母の日に贈る特別なプレゼントについてご紹介しました。

一般的に受け入れられやすいもので考えてみました。
ただ食事に行くだけでなく特別なプランにしたり、普通の写真でなく奇跡の一枚を撮ってみたり、有名店のお取り寄せスイーツを贈ったり、特別感を出すことで普段と違う驚きと喜びを感じてもらうことができるかと思います。
それぞれ、食べるのが好きなお母さんや、写真を撮ってもらうのが好きなお母さんや、甘いものが好きなお母さんなど、お母さんの趣味趣向により選びたいですね。

一年に一度の母の日です。
いつもと少し違う特別なプレゼントで、お母さんの思い出に残るような母の日にしたいですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

-母の日
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

関連の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。